不調が改善する理由

 

 

それにはある、“秘訣”があります!!

 

 

ストレスフリーとは何でしょうか。

 

当院が提唱するストレスフリーとはどのような環境でどのようなストレス因子にさらされても、いつでもどこでもストレスを感じない、というものではありません。人が成長するにはストレスは必要とします。樹木が数百年の時を経て大木に成長するのもそれは長年の風雨にさらされているからです。この風雨がなければ樹は己を鍛えることはできず、大きく逞しく大木として成長することはできません。それと同じことで人も様々な試練や苦難、努力と辛抱強さがあって初めて一人前の大人になることができます。

 

人の成長に不可欠なストレス。しかしながら、このストレスは自分自身のキャパシティをオーバーして堆積することがあります。それは神経質な人に生じやすいです。生真面目で几帳面な人ほど、物事をまともに捉え込みやすいという傾向があります。時にそのストレスは過度の堆積によりココロの深部にまで沈着し、何をやってもどんなことをしても取り除けないことがあります。

 

ひと月、50時間以上の残業を強いられるようなブラック企業に勤めているなかで、どれだけ侮辱的な言葉を浴びせかけられ、ハードな勤務を余儀なくされても、うつにならない人がいます。

 

どうしてでしょうか。

 

それはその人が「受け流す」という術を知っているからです。そもそも50時間以上、働かされるという時点でおかしいわけですが、そんな無茶な職場に勤めているのも自分の意思で決めていることなんだから、と、腹をくくっているためでしょうか。そんな気持ちも受け流すという術の一つなのかもしれません。このような精神的な回復力を通称、心理用語で、

 

レジリエンスと呼びます。

 

人はこのレジリエンス力が高ければ高いほど、柔軟性は高く様々な過酷な環境にも対応できるものと思います。柳のようにしなやかで、暖簾のように柔軟。このような生き方ができていればその人生は楽であるに違いありません。

 

ですが、非常に高いレジリエンスを持っていたとしても、人のストレスは自分が気づかないうちにどんどんと体のあちこちに蓄積していることがわかっています。それはその患者さんの体の一部分を触っていればわかるのです。その部分とはまさに疼痛や、硬結のある、または骨などの歪みこそがポイントであると言えます。

 

これらストレスを解消するのに、自分は次のような対策をしているから大丈夫!!とお考えではないですか?

  • ヨガをして身体中、ストレッチしている。身体機能の増強と呼吸法で瞑想し、精神集中している。
  • 温泉やサウナに毎回、通っているからストレスは発散できている。
  • 武道を長年、習っているし、大会にも出ているからそんなにストレスで悩んでいない。
  • 仕事のストレスは、趣味のストレスで相殺している。
  • 食事療法に気をつけていて日々、ジョギングやハイキングに出かけているからストレスは解消できている。
  • 酸素カプセルを使うことで回復力増進に心がけている。

これを見ていると確かに健康増進に心がけておられることがわかリます。まさにレジリエンスを高める努力が見られていますよね。

 

しかし、深部にまで蓄積し、固着してしまったストレスはそう簡単に取りきれるものではありません。 ストレスとはストレッチや呼吸法、趣味や武道、食事療法や有酸素運動、酸素カプセルで実際、固着してストレインと化した場所、つまり、痛みのある場所を根本改善できるでしょうか?痛みは痛みと残るのではないでしょうか。痛みや関節の可動制限があるのであれば、そのストレインは取り除けていないのではないでしょうか。結果、溜まったストレスを解消できていません。

 

人は努力でレジリエンスを高めるといってもやはり限界があるのです。その自分のキャパシティを超えるストレスが自分自身を蝕み深刻な病気を引き起こす元凶を解除し、取り除く必要があります。それが、当院が推奨する

 

ストレスフリー実現プログラムです。

 

ストレスフリー実現プログラムだからこそ、細かい身体の不調に対応できます。ストレスフリー実現プログラムは基本、全方位型(骨格、筋肉、脳、脊髄、内臓、神経、経穴を隈なくケア)の全身治療です。

 

オステオパシー、カイロプラクティック、日本の整体法や治療器具を余すところなく徹底的に使っていくことでその人が抱える様々な病気の引き金となっている場所をケアしていきます。

 

病気とはその人が抱える身体的、精神的な問題の複合体といえます。筋肉に問題があってそれが内臓機能を弱めている場合もありますし、骨をゆがませている原因ともなり得ます。そのため、筋肉を元に戻して内臓機能を元に戻すケアを行うのですが、調子が悪くなってから数年の時間が経過している場合、内臓機能の落ち込みが深刻なために本来の状態に戻りにくいということも珍しくありません。そうなれば内臓機能を活性化させる脳脊髄液調整法や、内蔵マニピュレーション、神経リンパ反射テクニックなどを使って内臓に対して直接的にアプローチする手法が求められます。

 

これは日本の病院ではほとんど行われていない手法です。病院でできる治療は病院でされてもよいと思います。しかし、病院では改善できなかった症状や疾患については他の方法論も豊富にあるということです。そのため、当院では当院独自の治療法でアプローチしていきます。

 

当院の治療は基本、無害です。手術や薬のように侵襲や副作用があるということはありません。それだけに安全にかつ、治療後も心配することなく過ごして頂くことができます。

ストレスフリー実現プログラムは数あるテクニックを多角的にコンビネーションで行う集中メソッドといえます。身体のどの部分をどのようにケアしていくのでしょうか。そのアプローチポイントを見ていきましょう。

上部頸椎である二つの頸椎、C1,C2は【環軸関節】という関節構造であり、可動域が広いため頚椎全体の回旋率50%を占めます。そのため、よく可動する反面、ずれやすいという特性があります。一度、ズレて筋肉が硬直しだすと神経機能の異常から頭痛、めまい、吐き気、食欲不振などの症状が出やすくなります。最近では脳血流不足によりうつが発生するという医学的な見地も示されることから上部頸椎に対するケアは特に重要といえます。

頸椎は主に後頭骨と繋がっていきますが、特に脳、延髄や小脳のすぐ近くに分布していることから脳と末梢神経全般で大きな影響を与える骨といっても良いでしょう。

 

当院では頭蓋骨に対するオステオパシーのテクニック、クラニアルテクニックと併用して上部頸椎をケアしていきます。

 

 

カイロプラクティックでは脊椎のゆがみで生じた神経関節機能障害を改善することで脊髄の末梢神経や脳に続く中枢神経網を総体的に改善することを目的とし、オステオパシーの頭蓋仙骨療法では頭蓋骨と脳脊髄液とのバイオバランスを調整することで治療していきます。

 

当院ではこれらの治療法を駆使しても特に改善が見られなかったことに踏まえ、脊髄神経をより活性化、活発化することで治りにくかった症状も改善していくことができます。

 

実は脊椎を触診していると微妙な振動を指先でキャッチすることがあります。患者さんに尋ねると決まってそこが痛い、硬いという返事があります。この負の振動のことを私はネガティブバイブレーションと名付けています。このネガティブバイブレーションが起こると決まって神経障害が発生し、何らかの不調が起こっています。当院ではこういった痛みに対して直ちに鎮静化していくことができます。

 

この鎮静化するテクニックが当院独自のテクニック、インテグレーターテクニックです。

 

ネガティブバイブレーションが鎮静化されると、先ほどの痛みは嘘のように消えていきます。それは不思議も一瞬の出来事です。鎮静化した後、可動域がよくなり結果、調子が蘇ることを実感することができるでしょう。

 

インテグレーターテクニックによって脊髄全体の生命力は活性化され、疲れから回復するチカラはより躍動的に加速することができます。

当院ではアメリカ最新式の頭蓋仙骨療法(クラニオセイクラルセラピー)を導入しています。

 

Dr.サザーランドから初まり、Dr.アプレジャーによって発展してきたクラニオセイクラルセラピーは今、新たなる進化を遂げ、“ヨーロッパ式クラニアル”として欧州米を中心に時代を席巻しています。

 

当院ではこのクラニオセイクラルリズム:CSRが正常に拍動するようコントロールすることができます。これにより自律神経は正常に機能し、めまい、うつ、パニック障害、生理痛、更年期障害、頭痛、過敏性腸症候群などに大きな効果を発揮することができます。

腸は第二の脳。“セカンドブレイン”という考え方が注目されています。

 

なぜ、腸がセカンドブレインなのでしょうか。

 

実は腸は脊髄神経と同じ数の神経細胞数があり、血流量自体も豊富にあります。脊髄神経と同じ数の神経が分布している臓器は腸以外にありません。また、感染症に対しては免疫細胞の基幹臓器であることから脳への信号を送ることなく独自で防疫。免疫機能として働くことが知られています。

 

腸管には多数の迷走神経、脊髄求心性神経が存在しています。

 

迷走神経は感覚神経・運動神経の一つです。脳の延髄から伸びてきて、食べ物を飲み込む嚥下運動や声を出すための声帯の運動、耳介後方の感覚などに関係しています。迷走神経は神経でありながら、体内で多様に枝分れして様々な経路を通過し、胸から腹腔内にまで広く多く分布してます。

 

求心性神経は感覚神経と知覚神経で、外部から受けた情報を脳内に伝達する役目を持っています。求心とは“中心に向かって”という意味があります。中心、つまりは脳に対して神経情報を送り込むということです。

この神経経路のメカニズムで最近、特に注目されているのが、腸クロム親和性細胞(EC細胞)です。食物由来の糖質から菌の作用で生み出さされる短鎖脂肪酸はEC細胞からセロトニンの分泌を促すことが研究で明らかにされています。分泌されたセロトニンは迷走神経末端の5-HT3レセプターに結合して、延髄に情報を伝達すると考えられています。

 

人は強いストレスにさられると人は胃が痛くなったり、腸が痛くなったり便秘をしたり、下痢をしたりすることが多くあります。これは人の精神状態と腸が連携し神経が直結しているからに他なりません。

 

このようなことから腸は迷走神経を介してダイレクトに脳と繋がることで綿密なネットワークを形成しています。脳と腸は互いに相関関係にあることから脳腸相関と呼びます。

 

また、菌自体がセロトニンを分泌する可能性も示唆されています。

 

腸内細菌が酪酸、GABA、ポリアミンなど、生理活性物質を産生することはよく知られています。この中で、短鎖脂肪酸の一つである酪酸が抗うつ作用を持つ効果が期待されているのです。

 

2007年、米国と仏国の共同研究チームは研究実験としてマウスに酪酸を投与したところ、うつ病の治療薬であるSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)と比べて記憶を司る海馬が拡大することが確認されました。さらに、酪酸を投与されたマウスの方がBDNF(脳由来神経栄養因子)が増大していたのです。

当院ではこの脳腸相関の作用を利用して腸の集中的ケアを実施しています。腸を触っているとあちこちにかたい場所、突っ張った場所があります。例えば胃の大湾、小湾部、胃の噴門部や幽門部、胆嚢や回盲部、膵臓の膵頭部などです。特に極端に硬くなっているケースもよく見かけます。

 

腹膜全体がかたい方もおられますが、腹膜全体は臓器を収納する袋のようなものですから、内臓がかたい腹膜の中でぎゅうぎゅう詰めの状態にあると臓器自体にスペースの余裕がなく、自由に動くことができません。状態が悪ければ組織どおしで軽くとも癒着していることが考えられます。そうなると内臓機能は十分に発揮されません。

 

このような方の普段の生活をお聞きしていると仕事で激務にさらされている人や、人間関係で強いストレスを感じておられる方にその傾向は強いです。

 

このようなストレスから生み出された腹部全体の硬さはすぐに柔らかくする必要があります。当院ではこの腹部ケアを特に重点的にアプローチしていきます。この腹部を柔軟にした後に脊髄神経と脳全体をケアしていくのです。この腸と脊髄と脳を同時にケアする治療法を、

 

脳腸相関活性療法と呼んでいます。

 

 

首が痛い、腰が痛いなど、様々な筋肉の痛みがあります。実はこれらは筋肉の拘縮によって神経伝達物質が停滞していることが原因で起こっているわけですが、この筋肉の硬直をいかにして解除していくかで回復力は変わってきます。

 

一度、硬直した筋肉は触ると腫瘍のように出っ張ってみたり、コリコリしたり、違和感があって痛みが伴ったりと症状は様々です。

 

当院では筋硬直に対してはこれまでのようなマッサージやストレッチ方法を推奨していません。筋肉に対してそれほど効果が高いと思えないからです。まして、やりすぎたマッサージを続けると筋肉は次第にマッサージしなければ血流がいかなくなるという弊害も起こってきます。慰安としては効果は高いとは思いますが筋肉についてはマッサージのやりすぎは危険といえます。筋硬直に対してはそれを解除する複数のテクニックがあります。

 

このように、当院では様々なテクニックを導入し、あらゆる角度からコンビネーションで施術することで圧倒的な効果を引き出そうとしています。この治療プログラムのレパートリーは無限大です。単一のテクニックではカバーしきれなかった様々な症状に対応しています。

患者さんの身体を検査していて感じることは、その全ての人が身体に何らかの問題を抱えているということです。全く問題がないという人は見たことがありません。細かい問題ではありますが筋肉が固い、内臓が硬い、骨格が歪んでいる、皮膚が冷たい、関節の可動が悪い、などなどです。 人はこれらの問題を抱えながら様々な試練に立ち向かおうとしているわけです。

 

ご自身の体の中に問題がありながらそれに気づかず試練に立ち向かおうとするのは、ある意味、目的を遂行できないリスクを孕んでの挑戦、ということにならないでしょうか。 仕事で忙しいということもあるでしょうし、時間がないということがあるかもしれません。

 

しかしながら、 ストレスが自分の許容量をオーバーしたその時、人は病気になってしまうのではないでしょうか。

 

特にスポーツ選手にそれは顕著です。ハードなトレーニングのために実は身体がボロボロということもよく見かけます。ストレスによるリスクはできるだけ取り除いておくべきです。一瞬の動作で遅れがある場合、それが失敗や敗北につながる可能性があります。

 

ストレスフリー実現プログラムはその人の足枷となっている骨格の歪みや筋肉の硬結部位を特定したり、あるいは脳腸相関に問題がありそうな場合はそこをケアして自律神経機能を高め、総合的にはその人が持つ、イネイトインテリジェンスが活性化することを目的としています。

  • 競技中、最高のパフォーマンスで臨むことができた。競技自体に後悔していない。
  • 怪我をしにくい身体づくりのおかげで以前とは格段に怪我をする回数が減った。
  • 鍛えすぎて疲労骨折筋肉疲労を労わることでしなやかで強靭なボディを手に入れることができた。
  • 受験勉強に集中できるようになった。
  • 仕事の疲れを根本的にリセットすることでいつでもリフレッシュした気持ちでいられる。
  • 産褥後の体調不良が改善して自分本来の体型を取り戻すことができた。

十分なイネイトインテリジェンスが発揮されたその時、あなたのパフォーマンスは最大限に高まっていることでしょう。当院は全力であなたの夢を叶えるお手伝いを致します。

 

みなさんの思いは実現できます。