頸椎症(頸椎神経根症)

  • 首や肩のこりから「痛む」ようになってきた。
  • 首から肩にかけてすごく固い上に頭痛やめまい、耳鳴りがする。
  • 首を保護する枕を使っているけど、効果がうすい。
  • 温熱機器で温めてもあまり効かない。
  • マッサージをしてぜんぜんよくならない。

以上の症状でお悩みの方、頸椎症(頸椎神経根症)の可能性があります。

 

首の骨、これを「頸椎」と呼びますがヒトにはこの頸椎が7つあります。第1頸椎を「環椎」、第2頸椎を「軸椎」と呼び環椎は輪の形状を持ち、首が縦横無尽に上下左右どのような位置でも運動できるような構造となっています。軸椎はその輪を貫くような形状になり首を支えています。

 

頸椎には血管、神経、脊髄、リンパ管、脳脊髄液が分布しているわけですが各脊椎の間には頸椎椎間孔があり、そこから神経が伸びています。この椎間が狭くなると神経が圧迫されて様々な症状が出てくるわけです。

  • 上肢のしびれ痛み感覚障害がある
  • 筋力低下がある。
  • 肩から首にかけての痛みが強い。特に後ろに反り返ると痛みがひどい。

特に頸椎の第4番C1〜C4の神経根障害は上肢の障害は認められませんがC5の神経障害は上腕外側、C6の障害は親指、人差し指が、C7の障害では中指、C8では小指に疼痛やしびれなどの感覚機能の障害を呈します。

 

C5の障害では肩が上げにくく、C6の障害では肘の屈曲、C7では手関節の屈曲、C8では手指の伸展の筋力低下が顕著です。

 

整形外科ではこれらの鑑別としてMRI検査を用います。ところがこの頸部神経根症の鑑別診断は容易ではなく少しの異常であっても神経根症を発症することがあり検査に行き詰まった場合は造影剤を使った造影MRIが必要になることがあります。

 

整形外科での治療方法はカラーといった頸椎を保護するための医療器具を使って頸椎の位置を固定する方法、痛みについては痛み止めが処方され温熱療法や牽引が使われることがあります。疼痛コントロールが芳しくない場合は神経ブロックである硬膜外ブロック注射をすることで対応しますが、それでも効果が薄い場合は手術適応になります。

 

頸部神経根症の第一選択は保存療法です。前かがみなど無理な姿勢を避け日常生活を送って様子を見るという方法がとられます。つまり、自然治癒力で治していくことになります。

 

当院ではこのような症状に対しては適宜、検査をして参りますが、大抵で言えることは首まわりの筋肉、胸鎖乳突筋、斜角筋、肩周りの筋肉として広背筋、僧帽筋などの筋肉が非常に硬いということが言えます。

 

また、翻って筋肉全体が弱化していることもあり、セルフケアとして筋肉トレーニングの必要性もあります。

 

頚椎症については首の柔軟性を確保するためにマッケンジーテクニックという対処法で治療していくこともありますが、ゆっくりと頸椎全体をストレッチしていくことも大切です。頭痛や吐き気、集中できないなどの症状が明らかである場合はバキッといった衝撃の強い方法は適応外です。まずは頸椎の周辺筋肉の硬さを取り除き、しっかりゆるゆるにすることで柔軟性を取り戻します。次に椎骨をゆっくりと動作させることで脊椎椎間板の負荷を軽減していきます。それができたら椎間板と頸椎、頸髄に余裕が生まれますから自然治癒力が増大し傷んだ頚椎を治し始めるのです。

ホームページをご覧になられた方、限定の特典があります。ご来院時、

 

\HPを見たとお申し出ください/

※ホームページ限定特典は予告なく終了する可能性があります
※価格は全て税込で表記しております。

 

細菌やウィルス、病気や怪我などで回復するカラダ。それは人間に本来、備わっている免疫力と細胞の再生力である自然治癒力が働くことにあります。

 

最近、風邪をひきやすくなった、疲れやすくなったなど、体の不調を感じたことはありませんか?

 

それは、ストレスや疲れから脊椎はズレを起こしたり、その周辺筋肉が筋硬直を起こすことで脳や脊髄への神経機能が低下します。また、夜ふかしや食べ過ぎ、ストレスなどで腸機能が弱ると、自律神経機能や免疫力、血液や脳脊髄液などの体液循環が不調を起こし、カラダが持つ自然治癒力(イネイトインテリジェンス)が低下して様々な症状が出てきます。

 

当院ではそのような神経機能障害を多様な検査方法で割り出し、カイロプラクティックやオステオパシー、日本の整体法などで調整していきます。

 

全ての神経機能障害が改善された時、最大限の自然治癒力が発揮されることでしょう。

 

 

一般的な整体院や整骨院では骨をボキボキ鳴らす施術を行っているところもありますが、十分な知識や技術のない施術者がむやみに行うと危険が伴うのはもちろん、弱ったお身体にとっては負担となることがあります。

 

当院で行っている施術は、身体に強い力をかけずにソフトなタッチで痛みやコリの原因となるゆがみを解消することができます。

 

また、当院院長は病院の医療従事者として20年の実績があり、血液検査、画像検査、生理学的検査、神経学的検査に精通しています。注射や薬の服用だけに頼るのではなく、根本原因から解決していくことを目指しており負担のないテクニックのため施術を受けた方は驚かれると思います。

 

その秘訣は脳腸相関活性療法オステオパシーCSFプラクティス(脳脊髄液調整法)です。ものの5分で全身の硬さを柔軟にするテクニックのため、効果は通常の施術よりかなり早いです。

当院は宮野博隆氏が主催するパーフェクトクラニオロジー協会に所属しています。これまでのハードブロックと違い、ソフトブロックテクニックを使うことで脳脊髄液の循環を最大限に促進し、脊椎全体を一気に矯正することができます。

 

また、当院院長は他にもソフトで優しいテクニックを複数持ち合わせており、筋肉、脳脊髄液、骨格各所に合わせた施術が可能ですから子供さんからお年寄りまで、また、手術後の患者さんや透析患者さんも安心して施術を受けて頂けます。

 

当院は京阪三条駅から約7分に位置しており、アクセス抜群です。

 

また、平日、土日ともに夜20時まで受付しており、お仕事帰りにもお気軽にお立ち寄りいただけます。そのため、『平日は忙しくてなかなか通院できない』という方にもお喜びいただいております。

 

また、予約制のため、待ち時間なくスムーズにご案内させていただきます。