坐骨神経痛

  • 低気圧の時、下半身にしびれ違和感がある。
  • 正座をすると脚にしびれがでる。
  • 脚のだるさしびれが姿勢を変えるたびに変化する。
  • 長時間座っているとつらい。
  • 朝、起き上がるのがつらい。
  • 太ももやふくらはぎ、お尻にかけて痛みやしびれ違和感などがある。

ホームページをご覧になられた方、限定の特典があります。ご来院時、

 

\HPを見たとお申し出ください/

※ホームページ限定特典は予告なく終了する可能性があります
※価格は全て税込で表記しております。

坐骨神経痛とは、おしり、足の後ろ、すね、ふくらはぎにかけて現れる痛みやしびれ、麻痺などの症状を呈するもので、坐骨神経症とは一般名であり病名ではありません。腰痛や腹痛と同じ表現になります。

 

坐骨神経は仙腸関節の付近からおしり、坐骨にかけて走行する神経で脚の感覚を構成している神経になります。おしり、太もも、ふくらはぎへと繋がる比較的長い神経のため、症状が現れる場所も多様です。治療は主に保存療法で様子を見ていきますが、排尿、排便障害の症状が現れた場合は手術適応となることもあり注意が必要です。

 

原因としては腰椎に病変が生じて坐骨神経を圧迫して症状が出るというもので20〜40歳代では腰椎椎間板ヘルニアと梨状筋症候群が、高齢者では腰部脊柱管狭窄と腰椎椎間板ヘルニアを併発していることが多いです。

 

主に椎間板ヘルニアでは前かがみになると痛みを発し、脊柱管狭窄症を併発する場合は腰を後ろに反らした際に痛みが出ることがあります。

 

大抵の患者さんはこれらの症状が同時に併発することが多いのでどの部分がどの程度の症状が出ているのか鑑別が必要になります。

坐骨神経痛の鑑別として、まず、第一に腰椎に病変が生じていることを考えます。施術では腰椎の状態がどのように変位しているのかを鑑別します。ゆがみがあればすぐにカイロプラクティックの技で調整していきます。

 

当院では坐骨神経痛の本質として脊柱管狭窄症と腰椎ヘルニアの併発を考えると、“仙腸関節”にこそ大きな原因があると考えています。元々、姿勢が悪い人に起こりやすい症状です。まずは本当に仙腸関節に問題があるかのテストとして、ゲンズレンテストを行っていきます。テストとして陽性が確認された場合は効果的な仙腸関節調整法で対応していきます。カイロプラクティックのようにショックを与える手技ではなく痛みも伴いません。この時点で劇的に痛みが少なくなってくるのでその効果に驚かれると思います。

 

また、どの程度でどの骨盤がずれているのかを鑑別し、これを調整していきます。

仙腸関節の状態を対応後、カイロプラクティックの検査法を用いて全身の骨格調整を行っていきます。当院ではボキボキ、バキッといった強い衝撃の手技は基本、用いません。ソフトで優しい手技方法でどんどん脊椎調整していきます。

 

また、硬くなって動きの悪くなった脊椎の柔軟性を取り戻すテクニック、インテグレーターテクニックで弱くなった脊髄神経を活性化していきます。

 

脊柱管狭窄症や腰椎椎間板ヘルニアから起因する坐骨神経痛では、大腿部や脛骨に分布する筋肉がガチガチに固まることで腰椎全体に強い負荷が生じ、腰椎に病変を引き起こすことが指摘されていることから、当院では効果的に筋肉をゆるめることに努め、治療に当たって参ります。

 

整形外科では各筋肉の硬直部位とその治療、各椎骨の微妙な調整などは行っておりません。

 

そのため、当院でしかできない筋肉調整法を受けて頂くことで劇的な治療効果を実感することができます。

 

細菌やウィルス、病気や怪我などで回復するカラダ。それは人間に本来、備わっている免疫力と細胞の再生力である自然治癒力が働くことにあります。

 

最近、風邪をひきやすくなった、疲れやすくなったなど、体の不調を感じたことはありませんか?

 

それは、ストレスや疲れから脊椎はズレを起こしたり、その周辺筋肉が筋硬直を起こすことで脳や脊髄への神経機能が低下します。また、夜ふかしや食べ過ぎ、ストレスなどで腸機能が弱ると、自律神経機能や免疫力、血液や脳脊髄液などの体液循環が不調を起こし、カラダが持つ自然治癒力(イネイトインテリジェンス)が低下して様々な症状が出てきます。

 

当院ではそのような神経機能障害を多様な検査方法で割り出し、カイロプラクティックやオステオパシー、日本の整体法などで調整していきます。

 

全ての神経機能障害が改善された時、最大限の自然治癒力が発揮されることでしょう。

 

 

一般的な整体院や整骨院では骨をボキボキ鳴らす施術を行っているところもありますが、十分な知識や技術のない施術者がむやみに行うと危険が伴うのはもちろん、弱ったお身体にとっては負担となることがあります。

 

当院で行っている施術は、身体に強い力をかけずにソフトなタッチで痛みやコリの原因となるゆがみを解消することができます。

 

また、当院院長は病院の医療従事者として20年の実績があり、血液検査、画像検査、生理学的検査、神経学的検査に精通しています。注射や薬の服用だけに頼るのではなく、根本原因から解決していくことを目指しており負担のないテクニックのため施術を受けた方は驚かれると思います。

 

その秘訣は脳腸相関活性療法オステオパシーCSFプラクティス(脳脊髄液調整法)です。ものの5分で全身の硬さを柔軟にするテクニックのため、効果は通常の施術よりかなり早いです。

当院は宮野博隆氏が主催するパーフェクトクラニオロジー協会に所属しています。これまでのハードブロックと違い、ソフトブロックテクニックを使うことで脳脊髄液の循環を最大限に促進し、脊椎全体を一気に矯正することができます。

 

また、当院院長は他にもソフトで優しいテクニックを複数持ち合わせており、筋肉、脳脊髄液、骨格各所に合わせた施術が可能ですから子供さんからお年寄りまで、また、手術後の患者さんや透析患者さんも安心して施術を受けて頂けます。

 

当院は京阪三条駅から約7分に位置しており、アクセス抜群です。

 

また、平日、土日ともに夜20時まで受付しており、お仕事帰りにもお気軽にお立ち寄りいただけます。そのため、『平日は忙しくてなかなか通院できない』という方にもお喜びいただいております。

 

また、予約制のため、待ち時間なくスムーズにご案内させていただきます。