腰椎分離症・すべり症

  • 前かがみの姿勢より腰を反らした方が腰に痛みが出る。
  • 脚やお尻にしびれだるさを感じる。
  • スポーツをしていたことがあり、腰をひねったり反らすことが多かった。
  • 歩くとしびれ痛みが出て、少し休んでからまた歩き出す、という動作を繰り返す。(間欠性跛行)
  • デスクワークで座位や前かがみになることが多く、腰に痛みがある。
  • 腰の4番と5番の骨を指で押すとどちらかの骨が出っ張っている。

ホームページをご覧になられた方、限定の特典があります。ご来院時、

 

\HPを見たとお申し出ください/

※ホームページ限定特典は予告なく終了する可能性があります
※価格は全て税込で表記しております。

腰椎分離症

腰椎分離症とは、脊椎の上下の関節突起が分離している状態です。主に第4腰椎と第5腰椎に起こります。分離した腰椎とその上の腰椎との連絡がなくなるために状態が不安定になり周辺の人体や筋肉に負担がかかります。

脊椎は椎間板の前面にある椎体と後面についている椎弓がありますがその間には椎弓根があります。分離症は椎弓で分離が始まり椎骨の連続性が寸断されてしまう症状であり、

 

その実態は骨折です。

 

主には第5腰椎の下関節突起と上関節突起の間で骨折、分離しやすいです。分離しやすい位置で炎症や不安定さがあると痛みがでてきます。

 

【脊柱管狭窄症】と同様の症状が出てきます。

 

筋力低下やしびれ、異常な知覚、間欠性跛行という症状が特徴的です。間欠性跛行とは少し歩くことはできるのですがすぐに足が痛くなってしゃがんで休まないといけなくなる。休むと痛みが引くのでその間にまた、歩く、そういったことを繰り返す症状です。また、膀胱障害を呈することがあり、整形外科ではMRI、脊髄造影、単純レントゲン写真などの画像診断が必要になります。

 

すべり症患者の内、手術適応の変形性股関節症を併発している人が17%も認められており、多角的な視野で鑑別が必要になります。

 

分離症では骨折しているといっても周辺の筋肉を緩めてコルセットをつけていれば6ヶ月もあればしっかり癒合していきます。その経過は受診の際に確認していくわけです。治療中は特に前に屈んだりねじったりする動作は極力、やめて頂き腰に負担のかからないような生活を送って頂きます。

 

ご自宅でできるセルフストレッチ、特にはストレッチポールを使ってのソフトな筋肉の緊張緩和法をクライアント様にご提案致します。

腰椎すべり症

椎骨が前後に

ズレている状態です。

主に「変性すべり症」と「分離すべり症」に分類されます。

腰椎(脊椎)すべり症とは一つの腰椎が突如、前方に押し出され脊椎の神経を圧迫する疾患です。特に好発部位は第4腰椎、第5腰椎に見られ指で押圧すると触知できます。

 

腰椎分離症に続き併発して発症することが多いです。

 

すべるとは腰椎がすべるようにズレているのですべり症とされています。腰椎の並びは生理的な湾曲を呈していますがこのバランスが崩れてしまうわけです。症状としては下肢の痺れや倦怠感、違和感があります。神経を圧迫しているのでこの圧迫自体を元に戻して緩和しないと状態は改善されません。

 

腰椎変性すべり症は椎骨の疲労骨折である「分離」がされていなくても発生します。経年劣化した椎間板が老化現象のため次第に全身を支えるといった機能が十分に働かなくなり周辺の靭帯も弱くなり次第に腰椎はすべり、それに伴い徐々に神経を圧迫していくのです。第4腰椎が圧迫されることが多いです。

注射や薬、手術だけに頼っていていいのか?

腰椎分離症・すべり症の治療は安静が必要であること、コルセットの着用、神経根ブロック注射、重篤な場合は手術が必要です。

  1. 保存治療無効の腰痛下肢痛が認められる。
  2. 日常生活に支障をきたす間欠性跛行が認められる。
  3. 膀胱、直腸障害が認められる。
  4. 下垂足など徒手筋力検査で3レベル未満。
  5. 会陰部の灼熱感違和感など知覚症状が強い。
  6. 進行性神経脱落症状が認められる。

以上の状態があれば手術適応となります。

 

当院では分離症に対する対応として手術による手段が最良と考えておりません。手術にはリスクがあります。まず、第一に手術は侵襲があるということです。侵襲とは人のカラダに傷をつけることに他なりません。

 

神経や筋肉、血管などを傷つけ予後が悪ければ手術した跡がずっと痛み続けるということもあり、また、手術後にも関わらず痛みが取れていないというケースも珍しくありません。手術をしたのに痛みが残っただけでなく前よりもっと悪くなったという症例もあります。これではリハビリも効果はありません。

 

リスクの高い治療方法が“手術”であるということ心に留めておいて頂きたいと思います。

 

 

また、病院では筋弛緩薬、血管拡張薬、鎮痛剤、ビタミンB12剤が処方されることがあります。これは一時的に痛みを抑えることが目的ですから根治療法ではありません。さらには痛み止めの注射としてブロック注射があります。仙骨から注射をして痛みの神経叢を麻痺させ神経伝達を阻害するというものです。

 

このような病院での治療法ですが、

 

これらはいずれも【対症療法】です。

 

対症療法は根本的な患部を治療するものではないものが多く正確に患部を治療するわけではない場合、その効果は薄いと言えます。そればかりか内服の副作用も関係することから状態が悪化することも考えられます。根本的に腰椎が悪いのにそこは触らずに痛みだけに焦点を当てて痛みを紛らわすだけなので状態が改善されることはないのです。

 

腰椎分離症・腰椎すべり症でのケアは基本、腰椎の骨格矯正、脊柱起立筋、大臀筋、中臀筋、梨状筋など筋肉をほぐす専用のストレッチを行い筋肉の拘縮を緩和し、仙腸関節の固さやアライメントを調整して腰椎を元に位置に戻すように治療していきます。

ホームページをご覧になられた方、限定の特典があります。ご来院時、

 

\HPを見たとお申し出ください/

※ホームページ限定特典は予告なく終了する可能性があります
※価格は全て税込で表記しております。

 

細菌やウィルス、病気や怪我などで回復するカラダ。それは人間に本来、備わっている免疫力と細胞の再生力である自然治癒力が働くことにあります。

 

最近、風邪をひきやすくなった、疲れやすくなったなど、体の不調を感じたことはありませんか?

 

それは、ストレスや疲れから脊椎はズレを起こしたり、その周辺筋肉が筋硬直を起こすことで脳や脊髄への神経機能が低下します。また、夜ふかしや食べ過ぎ、ストレスなどで腸機能が弱ると、自律神経機能や免疫力、血液や脳脊髄液などの体液循環が不調を起こし、カラダが持つ自然治癒力(イネイトインテリジェンス)が低下して様々な症状が出てきます。

 

当院ではそのような神経機能障害を多様な検査方法で割り出し、カイロプラクティックやオステオパシー、日本の整体法などで調整していきます。

 

全ての神経機能障害が改善された時、最大限の自然治癒力が発揮されることでしょう。

 

 

一般的な整体院や整骨院では骨をボキボキ鳴らす施術を行っているところもありますが、十分な知識や技術のない施術者がむやみに行うと危険が伴うのはもちろん、弱ったお身体にとっては負担となることがあります。

 

当院で行っている施術は、身体に強い力をかけずにソフトなタッチで痛みやコリの原因となるゆがみを解消することができます。

 

また、当院院長は病院の医療従事者として20年の実績があり、血液検査、画像検査、生理学的検査、神経学的検査に精通しています。注射や薬の服用だけに頼るのではなく、根本原因から解決していくことを目指しており負担のないテクニックのため施術を受けた方は驚かれると思います。

 

その秘訣は脳腸相関活性療法オステオパシーCSFプラクティス(脳脊髄液調整法)です。ものの5分で全身の硬さを柔軟にするテクニックのため、効果は通常の施術よりかなり早いです。

当院は宮野博隆氏が主催するパーフェクトクラニオロジー協会に所属しています。これまでのハードブロックと違い、ソフトブロックテクニックを使うことで脳脊髄液の循環を最大限に促進し、脊椎全体を一気に矯正することができます。

 

また、当院院長は他にもソフトで優しいテクニックを複数持ち合わせており、筋肉、脳脊髄液、骨格各所に合わせた施術が可能ですから子供さんからお年寄りまで、また、手術後の患者さんや透析患者さんも安心して施術を受けて頂けます。

 

当院は京阪三条駅から約7分に位置しており、アクセス抜群です。

 

また、平日、土日ともに夜20時まで受付しており、お仕事帰りにもお気軽にお立ち寄りいただけます。そのため、『平日は忙しくてなかなか通院できない』という方にもお喜びいただいております。

 

また、予約制のため、待ち時間なくスムーズにご案内させていただきます。