過敏性腸症候群

ホームページをご覧になられた方、限定の特典があります。ご来院時、

 

\HPを見たとお申し出ください/

※ホームページ限定特典は予告なく終了する可能性があります
※価格は全て税込で表記しております。

  • 何を食べても下痢便秘を繰り返す。
  • いつもお腹がもたれて痛い。
  • 1日にトイレに行く回数が多い。
  • 何ヶ月もお腹の症状が治まらなくて不安
  • 消化器内科に通院したけど薬だけで効果がなかった。

過敏性腸症候群(IBS)とは?

腹部の調子が悪い上に下痢便秘を繰り返し、排便の回数や形状の異常で、それが数ヶ月間にも渡って持続する病気です。

日本国民10人に1人が本疾患に罹っていると考えられています。女性の方が多く、若年層から中年層に見られる病気です。

 

命に関わる病気ではありませんが断続的な

  • 下痢
  • 腹痛
  • 便秘

以上の状態を繰り返し、精神的な負担になりやすい疾患です。

近年の研究論文を拝見していると、脳の中央に位置している視床下部外側から分泌されるオレキシンという物質が減少することで過敏性腸症候群が起こるのではないか?と考えられています。視床下部外側は消化器機能を統括する上位の自律神経系であるばかりでなく、「摂食中枢」でもあります。オレキシンは内臓知覚鈍麻作用があるため、ここが機能低下すると胃酸分泌や消化器運動が促進することが知られています。

 

※IBSの原因は未だ、正確にはわかっていません。しかし、細菌やウィルスによる感染性腸炎など最近やウィルスに感染した後の回復後にIBSに移行しやすいと考えられています。

近年、消化器内科において過敏性腸症候群で来院する患者さんは増加傾向にあると報告されています。IBSの特徴としては血液検査、内視鏡、腹部CT、腹部エコーなどを行っても何も異常が見られないと診断されることが多いです。10代から30代の患者さんに多く見られます。

  • 間食や早食い
  • 暴飲暴食など食生活の乱れ
  • 腸内細菌の状態

が指摘されています。

ROMAⅢ基準とは?

過敏性腸症候群ではROMA Ⅲ基準という診断基準が設けられています。

 

反復する腹痛または腹部不快感が、最近の3ヶ月のうち、少なくとも1ヶ月に3日以上存在し、しかも、それが以下の三つのうち二つ以上を伴うこと。

  • 症状が排便により軽快する
  • 症状の発現が排便頻度の変化を伴う。
  • 症状の発現が便性状の変化を伴う。

過敏性腸症候群の【原因】

当院が断定している過敏性腸症候群を引き起こす最大の実態とは、

 

ストレスです。

 

過敏性腸症候群は自律神経と関係しています。仕事や人間関係などのストレスから自律神経のバランスが乱れることで腸内環境が悪化し、過敏性腸症候群に至っているのです。

スレトスは現代社会において四大合併症に指定された“うつ”に続き、過敏性腸症候群も増加させてきました。この日本に1200万人以上の予備軍が患者としているとも考えられています。ゆうに日本人口、10人に一人が罹患しているという計算です。

 

数としてはとてつもなく多いといえるでしょう。すでに国民病といっても過言ではありません。

 

過敏性腸症候群を引き起こす要因としては抗生物質の存在が挙げられています。

 

抗生物質は細菌を殺す薬です。ペニシリンが発見されて以来、人は抗生物質を投与することによって感染症から救われ生存率が一気に高まり寿命は伸びました。これは医学の大きな進歩といえます。

 

しかし、抗生物質の頻繁な投与は腸内細菌をも殺してしまうことから乱用は禁物です。一度、腸内細菌が死滅した場合、また、再び元に戻るのにかなりの時間を要することがわかっています。人により個人差がありますが腸内細菌が活躍するからこそ腸内環境は正常に保たれます。そして、病原菌と戦う白血球細胞はこの腸内で増殖を繰り返し鍛えられることによって【免疫】として働くことができるのです。

 

このことから、腸に対するケアは決しておろそかにしてはならないことがわかります。

過敏性腸症候群(IBS)の治療法

運動療法

  • 適度な運動は腸の働きを助け、血流を促進し免疫力が高まります。
  • 腸内環境が活発化することで活力が出てきます。

 

食事療法

  • 冷たいものをとりすぎない。
  • 刺激の強い辛いものを食べない。
  • 乳製品は控える。4.アルコール飲料を控える。

 

薬物療法

セロトニン3

受容体拮抗薬

過剰なセロトニン作用を抑える。
下剤 腸の蠕動運動を促進したり便を柔らかくする。
消化管運動

調節薬

消化管運動を抑制したり活性化する。
乳酸菌製剤 乳酸菌配合薬
抗コリン薬 副交感神経を活発にして消化管運動を促進させる。
高分子重合体 腸内に含まれる水分を調節して排便しやすくする。

過敏性腸症候群の治療法は主にこの三つを挙げることができます。

 

これまでの既存の治療法で、果たして成果は上がっているでしょうか。不十分と感じる方も多いのが実態です。

 

では、どうして決定的な効果が現れないのでしょうか。それは、治療法そのものが“対症療法”に終始しているからです。便秘に対しては下剤を、胃が悪いなら胃薬を、それで調子が悪ければ内視鏡でのぞいてみるなど、根本的な要因について追及しているわけではありません。

ストレスが溜まりやすい脊椎、胸椎第3番

過敏性腸症候群の場合、その原因はストレスであることがわかっています。ストレスは主に腹部と脊椎に溜まっていきます。人は生きていると必ず生活スタイルや仕事での負担、姿勢などによって様々なストレスにさらされることになります。心的ストレス、物理的ストレスなどは脊椎全体に悪影響を与え、真っ直ぐだった脊椎は次第にゆがんできます。このゆがみが問題なのです。問題とは脊椎のサブラクセーション(神経関節機能障害)です。

 

サブラクセーションは脊椎分節間で脊椎が一定方向へのゆがんでしまってそのまま固定されたり、動きそのものに制限されたり、変位することにより椎間関節の関節包や靱帯、筋肉が引き伸ばされると、それらに存在する神経関節受容器が興奮して交感神経を亢進させてしまうことがあります。つまり、個々の脊椎に可動制限や変位を起こした状態が慢性化すると、それに伴い慢性的な交感神経亢進を起こし自律神経機能内蔵器官の機能低下を起こすことが考えられます。

 

大抵の場合、胸椎の3番が特に硬いことが多いです。この硬さが問題なのです。脊椎が柔軟性を失い硬くなると、縦横無尽に神経が交通できませんから動き全体が鈍くなります。その動きとは内臓機能でもあるわけです。

 

脊椎の硬さを取り除く時、よくカイロプラクティックの技を用いてガコンッ!!バキバキッ!!と音を鳴らして矯正するのを見かけますが、当院では過敏性腸症候群のような自律神経障害の場合、強い衝撃を用いた矯正は行っておりません。刺激が強すぎるからです。

 

強い刺激は自律神経障害の患者さんには不適応です。

 

そのため、刺激はソフトで優しいソフトなテクニック、脊椎活性法インテグレーターテクニックで脊椎全体をほぐしていきます。

腸内環境と自律神経の関係性

近年、腸内環境と自律神経が密接に関係していることがわかっています。交感神経と副交感神経はアクセルとブレーキの役割を担っていることはご承知のことと思います。自律神経の状態が悪化するとその不調はダイレクトに腸に反映されます。結果、下痢や便秘になるわけです。非常に精神的な側面の影響をまともに受けやすい臓器が腸です。腸は脳に次いで多くの神経細胞を有しているところから、「第二の脳」とまで言われています。そのため、自律神経の乱れに対応する場合、腹部の異常をいかに察知するかがキーポイントになるわけです。

 

そのアプローチ方法で最も分かりやすいのは触診です。

 

触診で腹部を触るとこれも大抵は硬くなっている人が多いです。深いところまで触ると強い痛みを伴うこともあります。その硬さはしこりのようといっても過言ではありません。このしこりのような硬さも実はある方法を用いると簡単に取り除くことができます。

 

よく、リラクゼーションやエステではお腹のマッサージをする場合、強い力でもみほぐす姿を散見します。ですが、強い力でもみほぐそうとすると腹部には強い力に対して抵抗しようとする「防御反射」が働いてしまいます。一度、防御反射が起こると腹部はさらに硬くなりケアどころではなくなります。これは筋膜が反応しているといってもいいかもしれません。

 

腹部は一度、緊張してしまうとこれを解除するのに手間も時間もかかります。そのため、当院では力任せのマッサージは控えています。

腹部の下痢や便秘が解消され腸内環境が整うと自然と自律神経も正常に戻っていきます。当院はこの腹部へのアプローチをオステオパシーの最新テクニック、内臓マニピュレーションを用いて対応していきます。

 

弱った腸を克服して腸活ライフを満喫してください!!

 

脳内を調整して自律神経を改善する。

過敏性腸症候群で最も重要なのは自律神経の調整です。これまでの紹介では腹部調整と脊椎の歪みの矯正をすることによって大幅な改善を施しました。

 

治療は腹部から開始し脊髄神経の交通網としての脊椎を調整した後、最後にはに対するアプローチを行っていきます。

 

脳機能には中枢神経である脳神経以外にも様々な末梢神経が通っています。代表的なのは迷走神経です。迷走神経は自律神経の中枢と言っても過言ではなくこの迷走神経を改善するポイントが頸部と頭蓋骨にあります。この頭蓋骨には冠状縫合、ラムダ縫合、矢状縫合、鱗状縫合などがあり、頭蓋骨にも前頭骨、側頭骨、頭頂骨、後頭骨、蝶形骨や鋤骨などから構成されています。

 

これらの接合点が固着している場合、脳脊髄液の増産過多脳内貯留、または脳脊髄液の流れによって律動するクラニオセイクラルリズムにも悪影響を与え、また、各末梢神経は神経障害を起こす要因にもなることから、これらの固着(神経関節機能障害:サブラクセーション)を引き剥がしていきます。このような施術を行うことによって自律神経機能を改善することができるのです。

 

そして、迷走神経を直接的にアプローチする頸動脈鞘テクニックを使っていきます。これはオステオパシーのヨーロッパ式クラニアルテクニックです。当院のオステオパシーテクニックはアメリカ最新のテクニックを使っています。このテクニックが過敏性腸症候群に対して大きな効果をもたらすことができるでしょう。
 

 

頸動脈鞘テクニックには次の疾患も治療対象としています。

  • 消化管潰瘍
  • 頻発する内臓不調
  • 自律神経失調症
  • 外傷の後遺症
  • 迷走神経緊張状態

 

過敏性腸症候群に見られる便秘、下痢、腹痛だけでなく自律神経失調症に見られる不眠や不安感、全身倦怠感やネガティブな考えなども全般的に好転していきます。

 

これら腹部、脊椎、脳の三つの部分を順番に調整していくことで過敏性腸症候群はみるみる改善することができます。

 

細菌やウィルス、病気や怪我などで回復するカラダ。それは人間に本来、備わっている免疫力と細胞の再生力である自然治癒力が働くことにあります。

 

最近、風邪をひきやすくなった、疲れやすくなったなど、体の不調を感じたことはありませんか?

 

それは、ストレスや疲れから脊椎はズレを起こしたり、その周辺筋肉が筋硬直を起こすことで脳や脊髄への神経機能が低下します。また、夜ふかしや食べ過ぎ、ストレスなどで腸機能が弱ると、自律神経機能や免疫力、血液や脳脊髄液などの体液循環が不調を起こし、カラダが持つ自然治癒力(イネイトインテリジェンス)が低下して様々な症状が出てきます。

 

当院ではそのような神経機能障害を多様な検査方法で割り出し、カイロプラクティックやオステオパシー、日本の整体法などで調整していきます。

 

全ての神経機能障害が改善された時、最大限の自然治癒力が発揮されることでしょう。

 

 

一般的な整体院や整骨院では骨をボキボキ鳴らす施術を行っているところもありますが、十分な知識や技術のない施術者がむやみに行うと危険が伴うのはもちろん、弱ったお身体にとっては負担となることがあります。

 

当院で行っている施術は、身体に強い力をかけずにソフトなタッチで痛みやコリの原因となるゆがみを解消することができます。

 

また、当院院長は病院の医療従事者として20年の実績があり、血液検査、画像検査、生理学的検査、神経学的検査に精通しています。注射や薬の服用だけに頼るのではなく、根本原因から解決していくことを目指しており負担のないテクニックのため施術を受けた方は驚かれると思います。

 

その秘訣は脳腸相関活性療法オステオパシーCSFプラクティス(脳脊髄液調整法)です。ものの5分で全身の硬さを柔軟にするテクニックのため、効果は通常の施術よりかなり早いです。

当院は宮野博隆氏が主催するパーフェクトクラニオロジー協会に所属しています。これまでのハードブロックと違い、ソフトブロックテクニックを使うことで脳脊髄液の循環を最大限に促進し、脊椎全体を一気に矯正することができます。

 

また、当院院長は他にもソフトで優しいテクニックを複数持ち合わせており、筋肉、脳脊髄液、骨格各所に合わせた施術が可能ですから子供さんからお年寄りまで、また、手術後の患者さんや透析患者さんも安心して施術を受けて頂けます。

 

当院は京阪三条駅から約7分に位置しており、アクセス抜群です。

 

また、平日、土日ともに夜20時まで受付しており、お仕事帰りにもお気軽にお立ち寄りいただけます。そのため、『平日は忙しくてなかなか通院できない』という方にもお喜びいただいております。

 

また、予約制のため、待ち時間なくスムーズにご案内させていただきます。

ホームページをご覧になられた方、限定の特典があります。ご来院時、

 

\HPを見たとお申し出ください/

※ホームページ限定特典は予告なく終了する可能性があります
※価格は全て税込で表記しております。

院長写真

当院のホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。院長の斎門志道です。

 

当院は、私の母が後天性自己免疫疾患シェーグレン症候群、不眠症で 30年以上悩んでいたこと、また、病院での臨床経験19年の中で中々、症状が治らない症例を見続けたことをきっかけに、何年も治らないつらい症状で悩んでいる人を1人でも多く助けたいという思いで開院しました。

 

その不調が発症する原因、環境や食べ物など様々とは思いますが実はこれ、の歪みや筋肉の拘縮が大きく関係しています。

 

これらの症状、自分ではよくわからないことが多いです。時に肩が凝ったり腕が回らなかったり押すと痛かったりすることで異変に気づくことはありますが大抵は無症状です。

 

この【異変】が神経伝達物質の移動を滞らせたり、内臓を引っ張ったり、血流不足を引き起こしたりします。

 

この状態で放置していて順調に体調回復なんてありえるのでしょうか。

 

否、あり得ません。

 

当院は人が持つ自然治癒力を十分に引き出すことを目的にしています。それによりあらゆる症状を未然に防ぎ、また、様々な症状を改善することが出来ます。

 

一刻も早く不調から開放され健康な身体を取り戻すためには、その原因を的確に見つけ出し解消していくことが大切です。当院では徹底したカウンセリングとあらゆる検査を駆使することによってその原因を鑑別し、お身体の状態に合った施術をご提案させていただきます。

 

はじめての方は色々な不安があると思いますが、『まずはお試し』のつもりでお気軽にお越しいただければと思います。

 

あなたのご来院を心よりお待ちしております。