花粉症

  • 毎年、花粉症の季節になると鼻づまり、咳、くしゃみに苦しんでいる。
  • 花粉症の薬を飲む習慣から逃れたい。
  • 花粉症で夜が寝られない。
  • 花粉症アレルギーを克服したい。

花粉症で苦しまれている方は非常に多いです。くしゃみ、鼻水、咳。

 

すでに国民病といっても過言ではありません。春の季節に起きやすい、杉、ぶたくさ、イネ科など大量の花粉が空気中に飛んでそれを吸気時に取り込むと強いアレルギーを引き起こします。

実はこの花粉症、太平洋戦争前にまではありませんでした。また、現代であっても田舎に行くとなぜか花粉症を持たない人が多いとも聞きます。自然豊かな田舎から都会に移住してきた時に花粉症になったと感じられる方も珍しくありません。

 

これはつまり、空気中に分布する花粉に工場などで排出される光化学スモッグや車の排気ガスなどの有毒性物質が付着したものが体内に入ることで体内アレルギーが発生します。

 

つまり、花粉症とは公害です。マスクと花粉症用ゴーグルで顔面を防護するとかなり防ぐことができますが実際、社会で生きていく上ではマスク着用くらいが現実的ではないでしょうか。しかし、マスクだけでは十分に防げないのが本当のところです。

 

 

そこで花粉症対策のための抗アレルギー剤が登場します。

 

強い花粉症の場合、この抗アレルギー薬は必須のアイテムです。抗アレルギー薬の効力はかなりのもので内服するとあれほど強かった鼻づまりがすぐに軽減します。咳も穏やかになり、夜も安心して熟睡することができます。

 

これがなくては仕事もできませんし、呼吸することすら困難になることも珍しくありません。日常生活において抗アレルギー薬はなくてはならないものとなっています。

 

これらの症状、実は整体で改善できることをご存知でしょうか。実は花粉症症状であるアレルギー反応とは、自律神経の乱れとリンパ液の流れが停滞することによって引き起こされるものということがすでにわかっています。

 

抗アレルギー薬とはアレルギー反応に対する対症療法に過ぎません。対症療法であるからこそ、毎年、薬が必要になります。根治されることはありません。これによって製薬会社はかなり利益を上げていると思います。


当院ではこれらのアレルギー反応に対しては根治療法を目指しています。アレルギーとは免疫の暴走であるわけですからこの暴走を根本的に制限できるように働きかけることで症状が出にくくすることができます。

 

花粉症の原因が自律神経の乱れとリンパ液の停滞である以上、当院ではその両者を整えることで花粉症は抑制していきます。

上はリンパ節の分布を表しています。リンパ液は自律神経の動きに連動しています。リンパ液の流れを活性化することができればアレルギーは改善できます。

 

改善できれば薬は必要ありません。

 

つまり、ある程度、光化学スモッグや排気ガスで汚染した花粉を吸入しても適切な調整をすればアレルギーにはならないのです。

 

花粉症体質の方の身体を触診していてわかるのですが、大抵の方がリンパ腺が硬いです。また、脳脊髄液を循環させる調律、クラニオセイクラルリズムが乱れていたり、あるいは脳脊髄液をポンピングするはずの仙腸関節付近の仙骨、頭蓋骨がずれていたり、硬くなっていたりするパターンが大半です。

 

アレルギー薬でいくら症状を抑えても治らないのは触診すればすぐにわかります。病院ではそもそもその頭蓋骨やリンパ腺、仙骨を調整する治療技術はありませんのでいくら行っても改善できないのです。

 

当院で施術を受けると今まで鼻づまりで苦しかった息がスーッと改善したと喜ばれる方は非常に多いです。息苦しさがなくなって感動して帰られるのです。

 

是非、当院の施術で花粉症対策しませんか?

 

細菌やウィルス、病気や怪我などで回復するカラダ。それは人間に本来、備わっている免疫力と細胞の再生力である自然治癒力が働くことにあります。

 

最近、風邪をひきやすくなった、疲れやすくなったなど、体の不調を感じたことはありませんか?

 

それは、ストレスや疲れから脊椎はズレを起こしたり、その周辺筋肉が筋硬直を起こすことで脳や脊髄への神経機能が低下します。また、夜ふかしや食べ過ぎ、ストレスなどで腸機能が弱ると、自律神経機能や免疫力、血液や脳脊髄液などの体液循環が不調を起こし、カラダが持つ自然治癒力(イネイトインテリジェンス)が低下して様々な症状が出てきます。

 

当院ではそのような神経機能障害を多様な検査方法で割り出し、カイロプラクティックやオステオパシー、日本の整体法などで調整していきます。

 

全ての神経機能障害が改善された時、最大限の自然治癒力が発揮されることでしょう。

 

 

一般的な整体院や整骨院では骨をボキボキ鳴らす施術を行っているところもありますが、十分な知識や技術のない施術者がむやみに行うと危険が伴うのはもちろん、弱ったお身体にとっては負担となることがあります。

 

当院で行っている施術は、身体に強い力をかけずにソフトなタッチで痛みやコリの原因となるゆがみを解消することができます。

 

また、当院院長は病院の医療従事者として20年の実績があり、血液検査、画像検査、生理学的検査、神経学的検査に精通しています。注射や薬の服用だけに頼るのではなく、根本原因から解決していくことを目指しており負担のないテクニックのため施術を受けた方は驚かれると思います。

 

その秘訣は脳腸相関活性療法オステオパシーCSFプラクティス(脳脊髄液調整法)です。ものの5分で全身の硬さを柔軟にするテクニックのため、効果は通常の施術よりかなり早いです。

当院は宮野博隆氏が主催するパーフェクトクラニオロジー協会に所属しています。これまでのハードブロックと違い、ソフトブロックテクニックを使うことで脳脊髄液の循環を最大限に促進し、脊椎全体を一気に矯正することができます。

 

また、当院院長は他にもソフトで優しいテクニックを複数持ち合わせており、筋肉、脳脊髄液、骨格各所に合わせた施術が可能ですから子供さんからお年寄りまで、また、手術後の患者さんや透析患者さんも安心して施術を受けて頂けます。

 

当院は京阪三条駅から約7分に位置しており、アクセス抜群です。

 

また、平日、土日ともに夜20時まで受付しており、お仕事帰りにもお気軽にお立ち寄りいただけます。そのため、『平日は忙しくてなかなか通院できない』という方にもお喜びいただいております。

 

また、予約制のため、待ち時間なくスムーズにご案内させていただきます。

院長写真

当院のホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。院長の斎門志道です。

 

当院は、私の母が後天性自己免疫疾患シェーグレン症候群、不眠症で 30年以上悩んでいたこと、また、病院での臨床経験19年の中で中々、症状が治らない症例を見続けたことをきっかけに、何年も治らないつらい症状で悩んでいる人を1人でも多く助けたいという思いで開院しました。

 

その不調が発症する原因、環境や食べ物など様々とは思いますが実はこれ、の歪みや筋肉の拘縮が大きく関係しています。

 

これらの症状、自分ではよくわからないことが多いです。時に肩が凝ったり腕が回らなかったり押すと痛かったりすることで異変に気づくことはありますが大抵は無症状です。

 

この【異変】が神経伝達物質の移動を滞らせたり、内臓を引っ張ったり、血流不足を引き起こしたりします。

 

この状態で放置していて順調に体調回復なんてありえるのでしょうか。

 

否、あり得ません。

 

当院は人が持つ自然治癒力を十分に引き出すことを目的にしています。それによりあらゆる症状を未然に防ぎ、また、様々な症状を改善することが出来ます。

 

一刻も早く不調から開放され健康な身体を取り戻すためには、その原因を的確に見つけ出し解消していくことが大切です。当院では徹底したカウンセリングとあらゆる検査を駆使することによってその原因を鑑別し、お身体の状態に合った施術をご提案させていただきます。

 

はじめての方は色々な不安があると思いますが、『まずはお試し』のつもりでお気軽にお越しいただければと思います。

 

あなたのご来院を心よりお待ちしております。