肩こり

ホームページをご覧になられた方、限定の特典があります。ご来院時、

 

\HPを見たとお申し出ください/

※ホームページ限定特典は予告なく終了する可能性があります
※価格は全て税込で表記しております。

  • 長年の慢性的な肩こりで困っている。
  • マッサージに行ったけれどまるで効果がない。
  • 高額なマッサージチェアを買ったけれど機械じゃ限界がある。
  • マッサージ店に行って「筋肉が固すぎます。うちでは無理です。」と言われた。
  • こりがひどくて腕が上がらない。

 

しつこい肩こり、当院で解決できます☘

 

長年の肩こり、中々、改善できなくて困っていませんか?

 

筋肉は一度、衝撃の強い負荷がかかると筋肉を守ろうとするためにぎゅっと縮こまり収縮します。収縮した筋肉は自然には解除されず何もしなければずっとかたまったままです。これを筋肉のロックと表現しています。筋肉が硬くなりロックされると、決まって血流がいかなくなりますから十分な栄養と酸素が供給されなくなるために、筋肉は本来の力を発揮することはできません。慢性的な肩こりはこの状態が継続してしまうのです。

 

当院では、この筋肉のロックを解除するテクニックを多数保持しています。簡単に解除することができますからその効果に驚かれるはずです。

肩こりの主な原因とされるのは、この肩甲骨から背部にかけて分布する僧帽筋の硬直です。肩甲骨全体を包むように分布しています。

 

つまり、肩こりとは僧帽筋が筋緊張を起こしている状態です。その原因は、

  • ストレス、睡眠不足、
  • 長時間労働、眼精疲労、運動不足、運動過多
  • 脊髄や脊椎の異常

以上が挙げられます。これらの状態を紹介していきたいと思います。

ストレスと肩こりの関係

●ストレスの原因

ストレスの原因は外的要因内的要因の2つが挙げられます。

内的要因とはさらに「身体的要因」と「心理的要因」の2つに分けらることができます。
「心理的要因」は「情緒的要因」とも呼ばれることがあり、

  • 緊張
  • 不安
  • 寂しさ
  • 焦り

などが挙げられます。

 

つまり、不安や寂しさ、焦りといった感情がそのまま緊張へと繋がり、結果、肩こりを引き起こすわけです。これは自律神経に影響を与えていることは間違いありません。

 

さらに、外的要因とは主に

  • 職場でのストレス(接客、異動、パワハラ、セクハラ)
  • 家庭内でのストレス(家事育児、冠婚葬祭、親の介護などの家庭問題)
  • 人間関係でのストレス(職場環境や交友関係、対人関係)
  • 経済的なストレス(生活困窮、貧困生活、病弱など)
  • 環境のストレス(暑さ、寒さ、騒音や湿度)

が挙げられます。

 

人間関係や経済関係のストレスは「社会的ストレッサー」ともいい、環境によるストレスは「物理的ストレッサー」に分類されることもあります。

 

人はこのようなストレスとして負荷がかかると、体液である血液が自律神経の悪化かから循環不全を起こすことが知られています。循環不全が起こると、疲労物質は発痛物資、神経伝達物質の停滞が起こって筋肉が次第に硬くなるのです。特に無意識的に肩や首が力んでしまい、筋肉が緊張します。緊張した筋肉はそのまま長時間、硬く維持され血流不足が起こるのです。肩こりが起こってストレスになる、ストレスが起こって肩こりになる。これは自律神経の乱れが原因なのですが、この2つの状態が互いの悪化状況を促進することで負のスパイラルを形成することになるのです。つまり、一度、自律神経が乱れ肩こりがひどくなると、この肩こりと自律神経障害の2つを改善しない限り根本的な肩こり解消には至らない、ということが言えるわけです。

睡眠不足

睡眠不足の人によく見られるのが中途覚醒や早期覚醒、入眠困難などの症状もありますが、寝つきが悪い人は大抵が自律神経を乱しています。仕事で疲れているのにその疲れをリセットするはずの睡眠が十分でないと、当然、疲れもリセットされませんからそれがストレスになって自律神経を乱し、血流障害となり、結果、肩こりが発生します。

 

こういった負のスパイラル、肩こりの悪循環を助長させる症状のNo. 1がこの睡眠不足といえるでしょう。

 

この睡眠不足が悪化すると、肩こりを代表するこりが全身の筋肉にまで及び、身体機能だけでなく内臓機能の低下を引き起こします。

脊椎のゆがみ 〜同一の姿勢が長時間が続く〜

パソコンやスマートフォンなどの普及で、人は前傾姿勢になることが本当に多くなりました。これはなんども紹介しているのでお分かりかと思いますが、人はスマホの画面を見るときは下を見ます。目線が下になると当然、頭部全体も下方向になりますから、頭部を支えるために頸が緊張します。頸が緊張するとその周辺筋肉も引っ張られますので、筋緊張していきます。

 

この無理な姿勢維持が1日に何時間も起こるわけです。時間が相当長いので筋肉が緊張して姿勢がずれることは避けられません。まして、ストレッチをしたり前傾姿勢と逆の姿勢を維持するなどのトレーニングもしていませんから、状態が悪化するのは当然と言えます。

 

結果、肩こりが発生してくるわけです。

眼精疲労

肩こりを起こす原因として眼精疲労が指摘されています。目からの情報は全ての感覚器官の約80%程度を担っていると言われています。目とは末梢神経の集合体といえます。

  • 5時間以上/日、パソコンやスマホ画面を見ている。
  • つねに首や肩がひどい。
  • まぶたがよくピクピクと痙攣する。
  • 目が乾くため潤いの目薬が手放せない。
  • 外の太陽がでまぶしいと感じる。
  • 不眠症、睡眠不足がある。
  • 夕方になると遠くがぼやけて見える。
  • 近視がひどくなったように感じる。
  • 目の奥が痛む、または頭痛がする。

眼精疲労が発生する理由として、長時間、同じ姿勢でいることが多いです。

 

画面の一点に視線を集中することで目を酷使すると、脳神経全体が緊張状態になります。末梢神経である眼球の毛様体筋や視神経に過度な負担がかかることで、目の焦点であるピントが合わせにくくなります。ピントが合わせにくくなるとピントを無理に合わせようと努力しますから、この努力がさらにストレスを生み自律神経が弱化するわけです。結果、全身の血行不良が生じ、肩こりが発生します。

長時間労働

無理な長時間労働ほど、過酷なものはありません。早朝の7時から出勤して夜は11時くらいに帰宅しようものなら1日の時間はほとんどが外です。その間、ずっと仕事なわけですから交感神経はずっと緊張したままです。とてつもないスレトスが覆いかぶさってきます。これらのストレスから逃れるにはどうすればよいのでしょうか。家でリラックスするか、サウナや温泉に行くか、家族と過ごすか、寝ているか。


これだけで改善できるでしょうか。疲れは改善することはできるでしょうが、疲れから生じた「こり」はこれだけでは改善できるものではありません。まして、マッサージは慢性化したこりには通用しないのです。長時間労働で緊張してしまった筋肉は仕事を休んでも、温熱療法をしても、寝ていても改善できません。

 

そうこうする内に何年かが経過すると身体中の筋肉組織に異常が発生します。傷んだ筋肉組織はそのまま、内臓器官とダイレクトに連携していますから内臓器官は弱まり自律神経は弱化して自律神経障害を呈することがあります。

 

ただの肩こりが自律神経障害を併発するのです。

 

一度、自律神経障害を起こすとそれはどこに症状がでるかわかりません。睡眠に関係すれば睡眠障害を起こしますし、腸に異常が出れば過敏性腸症候群を併発します。脳に異常が起こればうつやパニック障害にもなりますし、耳に障害が出れば突発性難聴を起こします。免疫系に問題が発生すれば成人性のアトピー性皮膚炎が生じることもあります。

 

長時間労働から起こる自律神経障害のリスクは職業病以上に考えるべきと当院では考えています。まして、新型コロナウィルス感染症が蔓延する中、マスクを常時、装着する必要性があるわけですから、そのストレスは相当なものがあるといえるでしょう。特に医療従事者など命を任された仕事ですので従事する人にかかるプレッシャーは計り知れません。

 

労働時間と労働環境が「こり」を生み出しそれが原因で脊椎が歪み姿勢の悪化を招き、結果、自律神経失調症などを呈する悪循環が発生するわけです。こんなことが続けばいつか人は壊れてしまいます。何としても防ぎたいところです。

 

近年、わが国では癌の発生率が国民の2人に1人が発生、うつも三大疾病から四大疾病の1つに付け加えられることになりました。その背景はストレスとの向き合い方にあるのではないかと当院では考えています。つまり、ストレスと自律神経=免疫系が原因ではないかということです。

 

当院では全身の硬さ、つまりはこりを改善することをお勧めしています。こりの解消こそこのようなストレス社会に対する解決策があるのではないでしょうか。より迅速によりソフトに確実に行う当院の施術をぜひ、お受けください。

肩こりは筋肉の緊張を取ることが重要です。血流改善のためにストレッチや運動が推奨されています。肩や筋肉が動くと柔軟性が高まりますから硬さが緩和されこりが解消していくわけです。筋肉はゆっくりと動かしていくことで肩こりの予防になります。肩たたきは一時的なものですぐに元に戻る傾向があります。マッサージや肩たたきをする場合はゆっくりと行うことが大切です。

 

では、整形外科で痛み止めの注射をすればいいのでは?と思われがちですが、これは注射の際に毛細血管を傷つけて内出血することがあります。その出血が筋肉を硬くさせて痛みを誘発させることがあります。効果は一時的で繰り返し行うと柔軟性が無くなり次第に逆効果を生み出すことがありますから注意が必要です。

肩こりをいかにケアしていくか

筋肉のロックを解除する方法として、古来からマッサージ法が使われていましたが、当院ではこのマッサージ法は激しい運動の直後でないかぎりは実施しておりません。

 

というのも、慢性期に入った肩こりに対してマッサージばかりをすると、次第に筋肉はマッサージを受けなければ血流がいかなくなるからです。他動的な物理的圧力が加えられない限り、血流が発生しなくなるリスクはできるだけ回避するべきです。

 

そこで当院が行う筋肉弛緩法は、とてもソフトで簡単な方法です。あっという間にそれこそ、文字通り“ゆるゆる”にすることができます。

 

硬く固まってしまった筋肉を、ソフトにするテクニックを是非、当院でお受けください!

 

細菌やウィルス、病気や怪我などで回復するカラダ。それは人間に本来、備わっている免疫力と細胞の再生力である自然治癒力が働くことにあります。

 

最近、風邪をひきやすくなった、疲れやすくなったなど、体の不調を感じたことはありませんか?

 

それは、ストレスや疲れから脊椎はズレを起こしたり、その周辺筋肉が筋硬直を起こすことで脳や脊髄への神経機能が低下します。また、夜ふかしや食べ過ぎ、ストレスなどで腸機能が弱ると、自律神経機能や免疫力、血液や脳脊髄液などの体液循環が不調を起こし、カラダが持つ自然治癒力(イネイトインテリジェンス)が低下して様々な症状が出てきます。

 

当院ではそのような神経機能障害を多様な検査方法で割り出し、カイロプラクティックやオステオパシー、日本の整体法などで調整していきます。

 

全ての神経機能障害が改善された時、最大限の自然治癒力が発揮されることでしょう。

 

 

一般的な整体院や整骨院では骨をボキボキ鳴らす施術を行っているところもありますが、十分な知識や技術のない施術者がむやみに行うと危険が伴うのはもちろん、弱ったお身体にとっては負担となることがあります。

 

当院で行っている施術は、身体に強い力をかけずにソフトなタッチで痛みやコリの原因となるゆがみを解消することができます。

 

また、当院院長は病院の医療従事者として20年の実績があり、血液検査、画像検査、生理学的検査、神経学的検査に精通しています。注射や薬の服用だけに頼るのではなく、根本原因から解決していくことを目指しており負担のないテクニックのため施術を受けた方は驚かれると思います。

 

その秘訣は脳腸相関活性療法オステオパシーCSFプラクティス(脳脊髄液調整法)です。ものの5分で全身の硬さを柔軟にするテクニックのため、効果は通常の施術よりかなり早いです。

当院は宮野博隆氏が主催するパーフェクトクラニオロジー協会に所属しています。これまでのハードブロックと違い、ソフトブロックテクニックを使うことで脳脊髄液の循環を最大限に促進し、脊椎全体を一気に矯正することができます。

 

また、当院院長は他にもソフトで優しいテクニックを複数持ち合わせており、筋肉、脳脊髄液、骨格各所に合わせた施術が可能ですから子供さんからお年寄りまで、また、手術後の患者さんや透析患者さんも安心して施術を受けて頂けます。

 

当院は京阪三条駅から約7分に位置しており、アクセス抜群です。

 

また、平日、土日ともに夜20時まで受付しており、お仕事帰りにもお気軽にお立ち寄りいただけます。そのため、『平日は忙しくてなかなか通院できない』という方にもお喜びいただいております。

 

また、予約制のため、待ち時間なくスムーズにご案内させていただきます。

ホームページをご覧になられた方、限定の特典があります。ご来院時、

 

\HPを見たとお申し出ください/

※ホームページ限定特典は予告なく終了する可能性があります
※価格は全て税込で表記しております。

院長写真

当院のホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。院長の斎門志道です。

 

当院は、私の母が後天性自己免疫疾患シェーグレン症候群、不眠症で 30年以上悩んでいたこと、また、病院での臨床経験19年の中で中々、症状が治らない症例を見続けたことをきっかけに、何年も治らないつらい症状で悩んでいる人を1人でも多く助けたいという思いで開院しました。

 

その不調が発症する原因、環境や食べ物など様々とは思いますが実はこれ、の歪みや筋肉の拘縮が大きく関係しています。

 

これらの症状、自分ではよくわからないことが多いです。時に肩が凝ったり腕が回らなかったり押すと痛かったりすることで異変に気づくことはありますが大抵は無症状です。

 

この【異変】が神経伝達物質の移動を滞らせたり、内臓を引っ張ったり、血流不足を引き起こしたりします。

 

この状態で放置していて順調に体調回復なんてありえるのでしょうか。

 

否、あり得ません。

 

当院は人が持つ自然治癒力を十分に引き出すことを目的にしています。それによりあらゆる症状を未然に防ぎ、また、様々な症状を改善することが出来ます。

 

一刻も早く不調から開放され健康な身体を取り戻すためには、その原因を的確に見つけ出し解消していくことが大切です。当院では徹底したカウンセリングとあらゆる検査を駆使することによってその原因を鑑別し、お身体の状態に合った施術をご提案させていただきます。

 

はじめての方は色々な不安があると思いますが、『まずはお試し』のつもりでお気軽にお越しいただければと思います。

 

あなたのご来院を心よりお待ちしております。